施術前に

脂肪吸引を実際に行なう前には施術費用の金額を調べることや評判の良いクリニックを探すことだけでなく、施術方法やよく質問がされていることについても把握しておくことです。まず施術方法は切る方法と切らない方法の2つがあるということです。切る方法は昔から行われていて痛みがあるということで避けられていることがよく見られますが、ちゃんとした技術を持ったクリニックで行なうとそんなこともありませんし、一度に大量の脂肪を取ることが出来るため綺麗な身体をすぐに手に入れることが出来ます。切らない方法には脂肪融解注射や天然由来成分の薬剤を注射する方法だけでなく、機械が発する超音波や熱や冷気などで脂肪をなくすことができ、リバウンドしにくい身体も作れます。そして脂肪吸引によくある質問ですが、術後の腫れやリバウンドの可能性や麻酔の種類、それだけでなく注射の副作用や内蔵への影響などがあります。術後の腫れは個人差がありますが一般的には2週間程度と言われていて施術を受けた日から腫れは始まります。腫れた部分はケアをすることでより綺麗にすることが出来ますのでしっかりとケアをすることです。次にリバウンドのことですが脂肪吸引では脂肪細胞をなくすことが出来るためリバウンドの可能性は低いのですが、アフターケアを怠ると元通りになることもあるので気をつけなくてはいけません。また麻酔の種類には局所麻酔と静脈麻酔と全身麻酔などがあり、医師と相談をしてから麻酔を決めることもできます。注射の副作用ですがこれは脂肪溶解注射をすると腫れや痛みが起こる可能性がありますが軽度のものになりますので様子を見ておくことです。最後にお腹の脂肪吸引の時の臓器への負担になりますが、クリニックをしっかりと選ばなかったことで傷をつけたという話がありますので、評判と技術が良い所を選ぶことでそういったことを避けることが出来ます。